So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
その他 ブログトップ

ゴング [その他]

<先日のタメイキブログの続き>

やっぱりその日のうちのTELはありませんでした。
ここまでされると、もうタメイキ だけです。
でも、前回の皆さんのあったかいコメント読んだら
元気パワーがみなぎってきて!変な戦闘モードのスイッチ入りましたー。

すぐにでもTELかけたい気持ちを2日間抑え(役所はちゃーんと土日休みだから)
月曜日の9時開庁と同時にTEL……しませんでした。
朝いちばんに「すみませんでした!」のTELあるかなってちょっと期待(ワタシ お人よし?)してたから…





まぁ予想通り…ありませんでした。
しかも何度かけ続けても話し中。。。
1回通じたらと思ったら今度は誰も出ない…
もしかして着信拒否?
もうリダイヤルでかけ続けること1時間弱。
やっと通じて…

ワタシのココロの中でゴングが鳴り響きました。
「先日から何度も同じ件でTELしている○○ですけど、用件言わなくてもわかりますよね!」
今まで担当してた人がいないらしく 「あの…何もわからないんですけど」
「○○の件で先月からTELしてるんですが、調べてみないとわからないということで、
そちら(県)の方から日時や時間の指定で折り返し連絡するって言われたんですけど、
1度も!!連絡ないんです。」
そのあと細かく日時や時間 どんな内容のことを話したか そしてその約束が1度もされていないことを
かな~り怒りをこめつつ話しました。
 



で、向こうが言うのは「折り返しTELします」
この期に及んでですよ!
「分かる人今TELに出してください!」
「今TELに出られません」
「今まで何度も同じようなやり取りして結局そちらが1度も連絡よこさないから
 こういうことになってるんじゃないんですか? 
 もう今更TELよこすと言っても信じられないんですけど」
それでも県の方は
「折り返しTELするしかないんです」


なんでこういう役所的なお決まりのことしかいえないんだろう…
本当に被災した人の気持ちってわかってるの?
2回目に出た男性の職員に「~で、結局金が振り込まれてないと…そういうことか~」
って軽く言われたこと…
その男性に「必ずTELすっから!俺嘘言わねぇから」と言われ平気で嘘つかれたこと。
その男性にTELくれなかったと抗議し、「今度は必ずTELすっから!」
「でもくれなかったですよね」「今度は必ずするし、状況の報告だけでも必ず連絡しますから」
もう何度も約束が守られていないことをわかった状況でまた平気で約束を破る。
もうなんなんでしょう。

こういう方たちが県の中枢で復興に携わる大事な仕事をしている…

今まで1番言いたくて言いたくなかった言葉…

「被災者をばかにしてますか?」

「ワタシもヒマじゃないんです。TELがくる約束があれば買い物にも行かず家で待ってますし、
今こうしてかけてる電話代だってこっちもちですよね」
それでも自分じゃわからないから折り返しTELを繰り返す県側。
まぁこの女性の人に権限がないのはわかるし、結局今日のTELでもこういう風に言われるのは
ある程度予想はしていたので、
「今日の何時頃TELくれますか?」 「それはわかりません」
「じゃぁワタシがかけますから、何時頃がいいのか教えてください」「それもちょっとわかりません」
もう頭にこない方がおかしいでしょ?

「じゃぁこのままTEL切らないで待ってますから、その担当があいたら出してください」
「今電話中で手が離せないし、いつ手が空くかわからないので」

もう堂々めぐり…

「もし今日TEL来なかったら誰に言えばいいんですか?」
「窓口はあくまでこちらなので」
「その窓口であるあなた方が連絡よこさないからこうなってるんじゃないんですか?」
「じゃぁ、県知事に直接言えばいいんですか?メールすればいいんですか?」
無言……

こんなんで復興…できますかね。

全国 そして世界の皆さんからあたたかい支援 たっくさんもらったのに、
こんな情けない話でほんとに申し訳ない気持ちでいっぱいです。
ごめんなさい。


 

あと、誤解のないように書きますが、
ワタシが申請しているのは決して難しい特殊なものではなくて
今回の震災の被害にあったため申請したものです。
うちが出すべき書類はすべて市を通して提出済です。
県の方でも7月には決済が下りてるし書類も届いてるとのこと。
その書類も1部は県側から返送されてなければいけないんですが、
それもいまだにないんです。

怒りの感情をこめつつ冷静に言ったつもりなんですが、
相手側の対応(声のトーン)など聞くと
どうも のれんに腕押し 豆腐に鎹 糠に釘 ってな感じが否めません。 (・_・)

 

以前調べごとがあってネットを見てた時、
こんな言葉をみつけました。
「権利にあぐらをかくものはその権利を有しない」
適切な時期に行動を起こさなかった損は、その面倒を法はみないよってなことらしいんですが、
ワタシは権利があるのになーんも行動をおこさなかったり、泣き寝入りしちゃったり、
「権利はあるんだからさー」とふんぞり返っちゃったりしてたらダメだよっていう風な意味にとってます。
その権利を手にするために昔の人が戦ったり、血や涙が流されたことも忘れちゃいけないなぁと思って。
(もちろん声高に「権利」だけを主張するようなこともしませんが。)
今もその言葉がずっとココロの中にあって、弱くなりそうな時つぶやいています。
もちろん!みなさんのあったかコメントも励みになってます。ありがとー!!


どうも、生きてるとたまに勝ち負けではない 「闘い」をしなくちゃいけない時があるようです。
ワタシも決して県の職員を懲らしめようとか打ち負かそうとは思ってません。
ただ、自分に与えられたこと、生活を守るためにがんばんなきゃなぁ~と。
今日ココロの中で鳴り響いていたゴングとロッキーのテーマ曲。
やっぱテンション ↑あがる~↑




さてさてこの問題…
いつ決着が着くのやら。
電話を切ってから2時間あまりたちますが…まだ何も。。。
そこは4時半まで職員がいるようですが。




このお話もう少し続きそうです。

PA060832.JPG

 

がんばってるんだけどなぁ…
 


タメイキ。 [その他]

ひさしぶりのブログなのに…
タメイキブログ、グチブログです。 ごめんなさい。

実は、今回の大震災関係の申請を5月の頭に県に行ったんです。
申請をした人はもちろん我が家だけではないので、
しばらく時間はかかるだろうと思っていました。
順調にいけば7月末…
お盆がすぎ秋がすぎ、さすがにノンキなワタシもあまりにも遅いだろうと、
県にTELで問い合わせました。
調べてから折り返し返事のTELがあるとの事。
待ちましたよ、1週間!
全然連絡なし。

またまたTELしました。
どうなってるんですかね~と若干怒りも込めて。
また同じ説明をして、やっぱり調べてみないとすぐにはわからないと。
明後日の昼前には必ず連絡します。嘘いわねぇからと何故かため口で何度も向こうから念押されました。
待ちました、午前中。メモ帳とペン片手に。
やっぱりきませんでした。

もう頭きたーーーーーー!!
でも、感情的になってはダメだと思い、
気持ちを落ち着かせるため、がーーーーーっと掃除機をかけ、
昼休みが終わる時間を見計らってまたまたまたTELしました。

また最初からの説明。
受話器の向こうから「なんでだ?わっかんねぇなぁ」たぶんPCをみながらのつぶやき。
こっちの方がわかんないよ!
決済は7月初めに下りてるのになぜかそこから先が宙に浮いたままなんだそう。
何度もタメイキまじりに「なんでだぁ?」つぶやかれてもこっちもタメイキだよっ。
結局何も話が進展しないまま、また折り返し連絡よこすそうですが…
来るかなぁ?
はぁ…疲れました。
タメイキつくとシアワセが逃げていくよって…
「溜息」って漢字だと重いし「ため息」はなんか本当にはぁ~って感じだし、
カタカナ使えばいいかなと思ったけど、
やっぱり変わんないですね。。。

確かに役所の方もがんばってると思いますよ。
ただどうしても、役所的な態度や制度に振り回されたり、
「被災者」って言葉はあまり使いたくないんだけど、
被災した人との温度差は正直あるなぁと思います。

毒吐いてしまいました。
ただちょっとスッキリ (・_・)

set-aki2006line2.gif

ここから先はいつも通りで行きます。

2しょこらちゃん .jpg

やっと見つけたキーホルダー。
「ショコラちゃん」
たぶん個人の作家さん手作りで、この子で3人目。
前の2人は震災の時になくしちゃったから。。。
ずっと探してて、前に買ったお店に行ったら最後1人だった。

何につけようかなぁ?

しょこらちゃん.jpg

ハロウィン!と騒いでたらいつの間にか終わってたぁーーーーー。
さすがに玄関のハロウィンリースははずしたけど、
また部屋のあちらこちらでおばけかぼちゃが笑ってる~。

おばけかぼちゃをしまいながらそろそろクリスマスの準備も♪

ぐりーん ツリー.jpg

びーず と ツリー.jpg

11月はもう少しマメにUP…    




できるかなぁーーーーーー?


避難生活 [その他]

水没したままの中学校。

着の身着のままで逃げてきた私たちは、

外に出ることができませんでした。

腰までヘドロ水につかったら

着替えるものが全然なかったから。

支援物資は徐々に運ばれてくるようになりました。

一人にパン1個、イチゴやウインナー干し芋も。

ただ水関係は厳しかったです。

主人は仕事着の着替えを持っていて、

車も水没しなかったので、濡れながらも何度か

物資の調達をしてきてくれました。

学校では日の出と共に起床、日の入りで就寝。

あのころは5時半位になるともう暗くなるので、

夜がとにかく長かったです。

4日目を過ぎこのまま学校に残るか、

出るかの選択を迫られました。

まず、私の母の精神状態が悪化してきたこと。

体は大きいのに、ノミの心臓だとからかわれる位の人で、

気分の浮き沈みが激しくなってしまいました。

それと母には持病があり、薬を学校を通して要望しましたが、

個々の処方はできないと言われてしまいました。

学校の衛生状態も悪化してきていました。

トイレで用を足したら、水没している1階までヘドロの水を汲みに行き流す。

夜は当然まったく明かりにない手さぐりのまま階段の上り下りを

しなきゃいけなかった。

ヘドロを汲んだ手を洗う水もなかった。

主人が物資を調達しに行った時に、

会社の同僚が住んでいて津波が全然来なかった所があり、

そこに来てもいいと言ってくれた方がいました。

その好意に甘えることにして、学校から出ることにしました。

まだ腰まで水がある状態。

主人は知り合いからカヌーを借りてきて

それに乗って学校を出ました。

ずっと学校の窓から水没した校庭ばかりみてて、

震災があってはじめての外の世界。

今まで生活してきた場所が激変していました。

道路はえぐられ数えきれないほどの車が流され

ひっくりかえり、おびただしい木やゴミが散乱し、

適切な言葉ではないかもしれませんが、

「戦争のあとでも、これよりひどいものはない」

と思いました。

あの光景は一生忘れることはないでしょう。

それから2週間主人の仕事仲間のお家に居候させてもらいました。

そこは津波がこなかった所で近年多くの店が出店してきた場所。

ライフラインもいち早く回復しました。

スーパーも最初は一人10点限りとか、

5分以内で買い物をしてくださいとか当初は制限がありましたが、

物流が動きだすと徐々に制限もなくなってきました。

今回感じたのが今までの生活が電気や便利なものに

頼り切った生活だったんだなぁということ。

そして、昔?なものがすごく役にたったなぁと。

電気が来ないときは石油ストーブ。

水が出なかった時は、近くの知り合いのお家で井戸があったので、

手を洗ったり、皿を洗ったりすごく助かりました。

あと、トイレですね。

そこはまだ汲み取りのトイレだったんですが、

こういう災害の時は本当に助かりました。

大震災では、すぐガソリンがなくなり…

これには正直まいりました。

買い出し、家の片づけなどは自転車で。

でも、まだまだ余震も続きいつまたくるかもしれない津波におびえ、

病気や怪我になった時の緊急用の為にも極力車の使用は抑えていました。

結局普通にガソリンスタンドで給油できるまで1か月半位かかりました。

今までの生活、人生が全部ひっくりかえったあの日から

4か月が過ぎました。

P7050211.JPG

まだ避難所で厳しい生活を送ってる方がまだたくさんいます。

仮設住宅に入ってもまだまだ先が見えないという方も。

スタート地点さえにもまだ立てない方も。

私は住む家はなくしてしまったけど、

今は新しくアパートを借りることができ、

ほぼ日常を取り戻しています。

主人も職場は幸い被災を免れたので

今は復興の仕事をしています。

息子はこの間中体連が終わった所です。

今回いろんな方がこの震災に心を痛め

さまざまな活動をしてくださっていたことを知りました。

本当にありがとう。

まだ感謝の気持ちをここで伝えることしかできませんが、

いつか必ず皆さんに復興した街の様子などをお伝えできればと思います。

がんばりますよ!

東北!

がんばっちゃ!

宮城!


nice!(10)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

私の3.11 [その他]

開店休業中ブログの私の安否など

気遣ってくれたみなさんありがとう。

mocomocoは元気です。

やっとネット環境も整いこのブログを再開する事に

少し悩みました。

でも、このブログを通して被災地の今や

私なりの復興などを少しでも、

届けてみようと思いました。

これから、またよろしくです。

P6270005.JPG

3.11

あの日私は大きな地震と津波に襲われました。

主人は仙台港付近で仕事していて、近くの中学校に避難すると

連絡がかろうじて取れて、私と息子と私の母の3人は

母が運転する車で実家でもある母の家に向かおうとしていました。

自宅を出てすぐの橋にさしかかった時、

さっき息子を学校まで迎えに行った時と川の様子が激変していました。

真っ黒な色の水が今にも氾濫しそうで、橋の真ん中で止まった時

横をみたら真っ黒い壁がくるのがみえました。

「あっ、まずい…」

橋を渡ってすぐ左に曲がると息子の中学校があり、

とにかくそこに行こうとパニックになった母を説き伏せました。

曲がると道路は川のようになり、校庭にたどりついた時は

すごい勢いで校庭にも水が流れこんできていました。

校舎に行こうとしたら勢いがすごくて前に進めず、

やもなく体育館に行くことにし

体育館に入って梯子で暗幕をかける所まで上り、

そこから校庭をみるとあっという間に車が水没してしまいました。

戸を閉めていても隙間から水がジャージャー流れこんできた時は、

本当にこわかった。

その日は雪が降るくらい寒い日だったので、

みんなで暗幕をはずして体に巻いたりしながら

真っ暗な体育館で一晩過ごしました。

朝になったら…

水がひいて校舎に行けると思っていました。

ところが、いつになっても水がひきません。

(地盤沈下と液状化の影響で結局学校付近は1か月近く水没した状態でした。)

そんな時主人の声が。

昨晩のうちに仙台の避難所を出て内陸を通り、

胸まで水につかりながら探しにきてくれました。

しばらくは会えないかもと思っていたので、

本当にうれしかったし、安心しました。

結局体育館の窓から校舎までの渡り廊下の屋根を伝って校舎に行きました。

学校にはその時600人前後の人が避難していました。

自衛隊さんからの物資の供給が始まりましたが、

全然足りません。

最初の頃は食パン1枚を4人で。

でも、時間が経つにつれてヤマザキパンやイチゴなどくるようになって。

毛布も50人に6枚位の支給だったので、

お年寄りの方や小さい子供さんのいる方優先にしたりしました。

情報はほとんど入ってきませんでした。

ラジオを持ってた人から断片的に入ってくる情報だけ。

本当に着の身着のまま状態の方がほとんどだったので、

津波をかぶった人は濡れた服のまま。

3日目あたりに地元の議員さんが

あそこは壊滅状態、あそこは水没して行けないなど

状況を知らせにきてくれました。

情報って知らない、わからないのもこわいけど、

耳だけから入ると勝手に想像しちゃったりしてかえって

気分が落ち込んだりしてしまうものだと思いました。

ペットは皆さん一緒に連れてきていました。

とりあえずペットのえさとトイレシートだけ持って逃げてきた方もいました。

最初の3日間は一つの教室に50人位の人と5匹位のわんこも一緒でした。

なかにはニオイやアレルギーの人もいるので、

ペットと飼い主さんだけの部屋を作ってもらいました。

わんこのえさも支援物資と一緒に割と早い段階で入ってきたようです。

避難所にいる間無償で預かってくれるボランティアさんも

今回かなり早い段階で動いていたみたいです。

img82edb31azikazj.jpg

それからの避難中のお話はまた今度。

質問などあったらどうぞ。

今回私が体験したことが、今後の災害に少しでも役に立つのであれば…

あれから3か月がすぎ…

自分でも「もう」なのか「まだ」なのかわかりません。

でも、「日常」を取り戻すことが私にとっての一歩目。

sora.JPG


nice!(9)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

あの日 3.11 [その他]

私は元気です。

ひまわりさん、コメントありがとう。

すごくうれしかった。

あの日地震と津波に襲われました。

私の家は水没。

母が住む家はがれきと化してしまいました。

今は、同じ市内のアパートに入ることができ、

日常を取り戻しつつあります。

まだ、ネット環境が不安定なので、

短いご報告でごめんなさい。

でも、もう少ししたらまたこのブログに戻ってきますので、待っててください。

我が家はみんな元気でがんばってます。

皆様もお身体大事になさってくださいね。


ぼちぼち [その他]

何回目かのごぶさたでした (。・_・。)ノ 

昨年の11月末に仕事を辞めて…

そろそろ就活(パートだからパー活かな?)をしなくちゃなぁと思いつつ、

まったりと主婦生活を送っておりました。。。

DSCN0259 トリミング.jpg

しばらくソネブロさんにもごぶさたしてたら、

いろいろ変わっててびっくり ヾ(・_・;)

頭の中「? ?」になりながら、この放置し放題ブログもぼちぼち再開していこうかなぁと。

(またまた更新滞ったらゴメンね!)

 


ほどけた靴紐 [その他]

なかなか記事がUPできずにいました…



イロイロ理由はあるんですけど、なんか言い訳になりそうで。(まぁ、言い訳なんですが)


長くなるかもしれませんので、軽くスルーしてもいいです。



今年の初め頃は体調も悪くなかなかブログを書くきっかけ?みたいなものを見失ったような感じでした。



そんな時仕事の上司から「店長をしてくれないか?」という話がありました。


店長といってもパートに身分だし、扶養をはずれてまでこれ以上勤務時間も増やせないと伝えたんです。


家族にも正直反対されましたし。


でもお店の中に責任者という形で店長をおかなくてはならないこと。


何回かこちらの条件などを話し合い上司もとりあえずパートの店長でもOKと言う事になり、


ワタシも家族を説得して店長としてのスタートを切りました。(時給もあげてもらったので、名ばかり店長ということでもなかったです)


それから月に1.2度の日帰りの店長会議、普段の仕事+書類作製+勤務表などの作成などなど


これまで以上にやるべき仕事と責任が増えました。


でも、仕事は好きだったので特に苦になったことはありませんでした。


ちょうど前のブログを書いたあたりからワタシの中のベクトルは仕事に向かっていきました。


ワタシがまかされたお店は10坪にも満たない小さいお店です。


数年前までは売上げも絶好調で忙しくて目がまわるようなお店でした。


でも昨年数キロ先に大きなショッピングセンターが出来てからぱったりと客足が止まってしまいました。


そのショッピングセンター内にはうちのお店のグループ会社のお店も入店。(←力的には上)


はっきりとした競合店なら対策も打てたんでしょうが、それは子会社の弱いトコロ。


なかなか対策も打てず、それでも共存していく方向で進んでいたんです。


ワタシも自分で出来そうなことはいろんなことを試してみたりしました。


春からこの秋にかけては本当に仕事…仕事でした。


主人は今年も単身赴任で、息子もすっかりママがいなくても野球とカード(ゲーム)と友達がいれば


だいじょうぶな位成長してくれ本当に助けられました。




ブログの方はすっかりほったらかし状態なのを気にしつつ…、


この時期まできてしまいました。


ごめんなさい。





そして、


先日上司がお店にきました。


ちょっと普段とは違う感じ…


ワタシだけお店の外に呼ばれてとうとう告げられました。



「残念だけど、11月でこのお店の閉店が決まりました」







外に連れ出された時の上司の背中をみた時になんとなく予感はありました。


なかなか売上げも回復できていなかったし、


8月位からグループの親会社の方も売上げが芳しくない事。


うちのお店のように親会社のお店と競合してるとやっぱり苦戦してるお店を切るのはあるだろうなと。


親会社の会長はこういう時の決断は早いと聞いてもいましたし。


まっ、結局は売上げを回復する事が出来なかった店長であるワタシを始めお店の責任ですが。





正直ショックでした…




結局お店の閉店とともにワタシたちは解雇。




でも、落ち込んでもいられません。


一緒に働いてる人からははっきりもう仕事しててもむなしいだけと言われました。


でも店長のワタシも一緒に落ち込んでいたんでは、どんどんお店の雰囲気も悪くなるばかり。


少しでも閉店までみんなのモチベーションをあげて働くのがワタシの最後の仕事。


大好きな仕事だったから、最後まで大好きでいたいし。




今まで仕事中心だった糸が切れたかもしれない。


でも、もう1回ほどけた紐をもう1度強く結び直して閉店までがんばるつもりでこの自分勝手な記事を書きました。








ひさしぶりのこのブログは懐かしさとやさしさでいっぱいでした。


すっかり仕様が変わっててこの記事も無事UPできるか不安ですが…汗




この前の写真だけの記事だけなのに、nice!とコメントをくれた皆さん 本当にありがとう!


PCの前で泣けてきちゃいました ><




閉店まであと約2ヶ月…



これまで以上に仕事、仕事の日々で、またこのブログから遠ざかるかもしれません。


それでも、


それでも、


それでも!!!


mocomocoがここでもらったやさしさは忘れません。




ありがとう

CIMG5876 sakura.JPG



季節はずれですが、


この1本の桜の木のような人でいつも、そしてこれからもいたいなぁというキモチをこめて。
































nice!(5)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ごめんなさい! [その他]

ごめんなさい!

昨年のクリスマス記事からずっと3ヶ月以上もUPナシでした。

皆さんもトコロにもなかなかお邪魔できず…本当にごめんなさい。

1月~3月までのワタシはどうやらいろいろな事が起こる月のようです。

詳しいことは次回の記事で詳しく書かせてもらいますね。

…実は、病み上がりの体でして…

mocomocoのこと忘れちゃった~!なんて方もいらっしゃいますよね…

本当にごめんなさいね。

もう少し経ったら記事UPしますので…

もうしばらく待っててください!

ごめんなさい [その他]

           「ごめんなさい!」

             お久しぶりです、mocomocoです。                                    昨年末、突然何の挨拶もコメントも残さず、ブログを閉鎖してしまってごめんなさい。                    このブログはワタシの宝物、大事なものだったはずなのに…

 

実は、昨年末からお正月にかけて、急に体調を崩し入院をしていました。                             突然の事で、かなり精神的にダメージをうけました。                                         正直自暴自棄のような気持ちになってしまって、                                             発作的にこのブログを閉鎖してしまいました。

 

今は退院して、10日程自宅療養したあと仕事にも復帰しました。                                          体調も以前に戻りつつあります。

 

こんな事書くとおかしいかもしれませんが、                                         主人がいなかったら、今ここにワタシはいなかったかもしれません。                      主人は命の恩人です。                                                  入院中も精神的に不安定なワタシの側を片時も離れず、                                      ずっと付き添ってくれました。

息子には大晦日&お正月を離れて過ごさせてしまい、                                        さみしい思いをいっぱいさせてしまいました。                                                                                                

仕事にもたくさん迷惑かけたのに、                                                         メールでいっぱい励ましをもらい、シフトをやりくりしながらワタシを                         待っていてくれました。

他にも、うちの母に息子の面倒をずっとみてもらったり、                                    たくさんの人に迷惑&心配をかけてしまいました…                                                               

 

入院中にブログでお世話になっているひまわりさんから、                                    カウプレのステキなプレゼントが届いて、涙が出そうになりました!                         ひまわりさんあらためてお礼を言います。                                            「ありがとうございました!」                                                   一時はブログをやめてしまおうと思い閉鎖しましたが、                                 ひまわりさんの温かいプレゼント&気持ちに触れ、                                    また、ブログをはじめてみようという気持ちになれました。                                     

洋なしマダムさん、ブログクルーザーからの                                    心配コメントありがとうございます。                                             本当にうれしかったです。 

 

今回の事で、すご~く家族のことを考えました。                                       今までのワタシは、主婦の立場にあぐらをかいていたのではないか?                           本当のしあわせに気づいていなかったのではないか?                                  いろ~~んなことを考え、悩み、反省しました。

もちろんこのブログのことも考えました。                                       発作的に閉鎖してしまったことに対する、後悔。                                      皆さんに何の挨拶もせずにしてしまったことに対する、申し訳ない気持ち。                     こんなワタシがまた戻っていいのかな?っていう気持ちもあります。                            でも、またみんなとブログでいっぱいお話がしたい!                                    いろんな刺激を受けたい!                                             素直に今そう思っています…                         

 

…そして、今までのダメな自分を一旦リセットして、                                       もう一度始めてみようと思います。やり直してみようと思います。

 

これからはもっとスローなUPになるかもしれません。                                     でも、あせらずゆっくりゆっくりこのブログを楽しんでいこうと思います。                        

 

今までのmocomocoの記事にnice!&コメントを残してくださった方、                     消してしまって、本当にごめんなさい。                                           でも、皆さんの温かいコメントは今でもmocomocoの心の中に残っています。

 

そして、これからの「ほんわかday 2」にお付き合い下さると、                             本当にうれしいです。                                                    (勝手なことばかり言ってごめんなさい)

 

これから皆さんの所にもお邪魔いたします。

 


退院した後遅くなったけど、                                               初詣に行ってきました。                                                    昨年はいいことも、わるいこともたくさんあったので…                                  たくさんお祈りしてきました。

 

おみくじをひくと…

                              「大吉」!!!                                                       なんか少し元気が出ました!

遅くなりましたが、                                                皆さまにとって2007年がステキな年になりますように…

                                              

                                                                                                    

 


その他 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。